読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローン操縦士になるための100の質問(産業編)

これからドローン操縦士を目指すドローンジョこと(ドローン女子)HIROMIの日記です。

Q104:気象予報

ドローンの弱点は雨と風です。

 

全天候型ドローンも一部開発されていますが、基本多くのドローンは雨や強風では殆どが作業中止・延期となります。

 

先日も数社で実証実験する為、週間天気予報をみていたのですが、どうも雨予想(><)

 

降雨時間によっては、作業スケジュールを再調整し、降る前に検証を終わらせられるかなども検討したのですが最終判断は私に任すと言われ(*0*)

 

え~マジですか~って一気に責任重く(--;)

社内だけなら、あれ~雨降らなかったですね~って(^^;)

笑って流せるのですが、社外の方にはそうは行きません。

 

前日判断でも良いですよって言われたのですが、出来れば1日でも早い方がホテルのキャンセルや他の仕事を入れるなど出来るじゃないですか。。。

と悩んでいたら・・・・

 

ドローン操縦士の先輩から、この気象予報情報を見ると良いよと神の声が!

 

ラジコン仲間では知られているそうなのですが、始めて見て感動しました。

何と広域であれば264時間(11日先)の気象予報が見れるんです♪

詳細は39時間前となりますが、どちらも雨量・雲量・気温・風速など、詳細に掲載されています。

 

それに、この何がスゴイかっていうと、スーパーコンピューター使っているんですよ。

 

ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、その気象予報のサイトご紹介致します。

 

■GPV気象予報

GPVとは気象庁や米国海洋大気局等の気象予測モデルをスーパーコンピュータで計算した予測値を指します。

weather-gpv.info

 

 

その後も大活躍です。

先輩有難うございま~す♪