読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローン操縦士になるための100の質問(産業編)

これからドローン操縦士を目指すドローンジョこと(ドローン女子)HIROMIの日記です。

Q113:国土地理院って何?

国土地理院って聞くと測量?空中写真?など

ドローンに関わるまでは、全く縁のない機関でしたが

ドローンを飛行させる為には、下記の目的で必要になって来ます。

 

■飛行させる時人口集中地区と空港周辺(進入表面等)

・DID地区(人口集中地区)を調べる

・空港周辺(侵入表面等)を調べる

 

■申請書を作成する時・自動航行を事前設定する時

・座標を調べる

・標高を調べる

 

など、飛行可能場所の確認・飛行申請の飛行場所記入・自動航行設定時などに

必要となる情報を提供して下さってます。

 

今回は、その場所の探し方など簡単にご説明します。

 

国土交通省ドローン関連に表記されています

 左下、国土地理院地理院地図」をクリックして下さい。

f:id:dronejo:20170409085006p:plain

国土地理院

https://maps.gsi.go.jp/#5/35.362222/138.731389/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0&d=vl

 

②留意事項を確認し、OKをクリック

f:id:dronejo:20170409085210p:plain

 

③DID地区(赤色)空港侵入表面(緑色)が表示されます。

これで飛行可能場所を確認出来ます。

 

また、詳しい場所の設定は、左上の地理院地図(電子国土Web)の欄に、地域名・住所・座標など入れると、その場所へ地図が移動されます。

f:id:dronejo:20170409085416p:plain

 

④画面の表示は選べます。

写真の方がより分かりやすいという方は、左上の表、「ベースマップ」をクリックし、「写真」を選択して下さい。

よりリアルなGoogleMap的な画面に変わります。

 

⑤座標・高度を知りたい場合は、その場所を右クリックして下さい。

画面左下に、住所・北緯・統計・標高が表示されます。

飛行申請時は、その情報を記載して提示します。

 

このMAPはよく使う為、登録しておくと便利です。