ドローン操縦士になるための100の質問(産業編)

これからドローン操縦士を目指すドローンジョこと(ドローン女子)HIROMIの日記です。

Q110:Pixhawkって何?

皆様、こんにちは。

日々、多忙さが増しドローンが注目・期待されている事を目の当たりにしている今日この頃です。

ブログ更新の優先順位が低くなってしまってますが(汗)随時お伝えして行きたいと思いますので宜しくお願いします。

 

今回は、前回の機体製作に続き、ドローンの中枢部でもあるフライトコトローラーの仕組みついて、分かりやすい図がありましたのでご紹介させて頂きます。

 

フライトコントローラーには何社かあります。

DJIならNaze。3DロボティクスならPixhawkと・・・

 

Nazeは安定飛行がしやすく操縦もし易いとDJIで販売など人気のフライトコントローラーです。

また、PixhawkはArduPilot系開発者と3Dロボティクス社が生産・販売など、海外でも人気のあるフライトコントローラーです。

 

確かに、Nazeの方が簡単に操縦ができるので好きです。

Pixhawkは、産業用など新たな開発・進化させていく機体には無限の可能性があり、こちらも好きです。 

 

Pixhawkは、ドローン用フライトコントローラーに良く利用され、F4シリーズのプロフェッサーを使用してる為、制御コマンドなど演算を早く処理できる為、高性能となっています。

F4/F3/F2/F1とあり、数字が大きい方が高機能と言われているそうです。

 

また、加速度センサー・ジャイロセンサー・方位センサー・気圧センサーも搭載しています。

 

日々情報が進化している為、専門的な知識がある人や新規開発など、新たな技術を取り入れたい方々に適していると思います。

 

私には、まだ難しすぎて理解するにはまだ時間が掛かりそうですが 

今回は、Pixhawkの配線マトリクスがありましたので添付します。

ドローンがどのようにして飛ぶのか、配線経路・仕組みがわかって面白いですよ。

 

f:id:dronejo:20170212163007j:plain

因みに、フライトコントローラーとは・・

「センサーから情報を得たり、モーターなどの駆動部への命令を伝達」するなど

頭脳的な役割をしています。

 

これらは、随時更新され、新ヴァージョンをインストールして使用していきます。

但し、新しいファームは何かしら異常が発見されたりするケースもある為、私たちはPixhawkでも安全が確認できるまでは、新ファームに更新しないようにしています。

NAZAはインストール更新後、過去ヴァージョンは使用できなくなるなど、新ファームウェアーで対応しないといけない為、担当者は色々苦労をしているそうです。

 

フラコンでもそれぞれ特徴があるので、使用機体・ニーズにあった物を選択するのがベストかも知れませんね。