ドローン操縦士になるための100の質問(産業編)

これからドローン操縦士を目指すドローンジョこと(ドローン女子)HIROMIの日記です。

Q60:3次元形状復元ソフトウェアって何?

<3次元形状復元ソフトウェアについて>

 

Q58:i-ConstructionやQ59:測量で出て来ましたドローンに設定する3次元形状復元ソフトウェアのメーカーを幾つか調べてみました。

 

現在、測量をする際、ドローンに自動航行ソフトを使用するのですが、

測量で使用されているソフトには数社あるそうです。

 

但し、測量を目的として開発はされていない物もある為、正確さの確保が不確定な部分もあるという事ですので、ご参考程度にご覧下さい。

 

開発会社(製品名) 

・Pix4D社(Pix4DMapper)

pix4d.com

・Agisoft社(Photoscan)

www.opt-techno.com

・㈱Topcon(Image Master) 

www.topcon.co.jp

 

・Acute3D (Smart3D Capture Ultimate sdition)

www.acute3d.com

 

Q58:59で紹介させて頂いた測量時のソフトと国際航業さんはPIX4D MAPPERを使用しているそうです。

 

ドローンで写真測量をされる際は、操縦技術は勿論重要ですが、測量知識や使用機器・飛行条件・処理方法等も測量に適しているのかなど、理解出来るよう学ぶ必要があると感じました。

 

利用されている方々の話を伺うと自動航行ではあるが、機械の為、指定した通りに飛ばない事もあるかも知れない。だから必ず目を離さず、いつでもマニュアルに切替られるように心構えする必要があると言われます。

 

機械は信じすぎても最後は人のチェックで安全確保が必要という事です。ドローン操縦士は日々操縦技術の訓練が必要ですね。

 

今後、私も使用する際はその事を意識して操縦したいと思います。

 

<参考>

Photo Scan・Pix4Dmapper(beta)・Smart 3D Capture比較検証報告が出ています。リンク付けさせて頂きます。

http://www.gsi.go.jp/common/000107456.pdf#search='%E4%B8%89%E6%AC%A1%E5%85%83%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%A2++UAV+%E6%A4%9C%E8%A8%BC+%E3%81%B2%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AA%E3%81%8B'