読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローン操縦士になるための100の質問(産業編)

これからドローン操縦士を目指すドローンジョこと(ドローン女子)HIROMIの日記です。

Q31:DJI Phantom3.4の違い?

そろそろ、機体購入も検討する時期になって来ました。

 

今まで、Phantom4の素晴らしさはセミナーなどで伺っていたのですが、いざ購入するとなると、Phantomには4・3・2・1とあり、ヴァージョンが古くなるに連れ価格も下がって来ます。

 

Phantom3・4の違いだけ記載するつもりが、1・2も知りたくなったので一緒に追記しちゃいます。

 

■Phantom1

2013年頃、日本で初めて販売スタート。

GoProマウントが付属の空撮可能なマルチコプター。

当時、ラジヘリなどやっていた方々には、操縦が簡単で物足りなかったという事で関心は低く、初心者には操縦は難しいという事で、まだ一般的には広がらなかったそうです。

 

※因みに、Phantom1は、そろそろ販売中止になるみたい。

 

■Phantom2

2014年頃の販売。赤ライン。

・ジンバルH3-3D

ジンバルにカメラGoProHero3を取り付ける事で更に精度の高い撮影が可能。

その他、ジンバルH4-3D・GoProHero4対応もあり。

  

・VISIONOT

DJI専用カメラ使用。GoProより画質が劣る代わり、撮影中の映像をスマホでリアルタイムで見る事が可能。

 

※因みに、昔から知っている方々のPhantom話になると、GoProの話が必ず出て来てます。

GoProとは・・

アメリカの企業。ヘルメットカメラなど最少・最軽量のカメラブランド。

https://jp.shop.gopro.com/APAC/

 

その他

Phantom2は、GPS搭載はされていたそうですが、2.5m誤差があり、ホバリング精度は低く、自分で巻起こす風で姿勢が乱れ、制御が難しく操縦技術と知識が必要だそうです。

 

■Phantom3

2015年頃の販売。

・Professional(金ライン)

DJIの4K対応カメラ搭載。

GoPro4Kを搭載する必要がなくなる。

※Phantom2の時点ではGoProに精度は劣っていたが、Phantom3で追い伝いたようですね。

 

・Advanced (銀ライン)

DJIのHDカメラ搭載。

 

・Standard

ピジョンポジショニング・録画設定など省略した機体。

  

アンテナも1本から2本になり、iPadミニも大画面操作可能になり、屋内飛行も可能なピジョンポジショニングセンサーも搭載され、飛行距離も大幅UP。一気に精度が良くなったそうです。

 

■Phantom4

2015年末頃に販売。

・障害物回避センサー

前方に搭載された2つの障害物回避センサーが付いた事で安全精度がUP

※しかし、他の3面にはついていない為、後方・左右の障害物は自動回避出来ないので注意です。

 

・動体追尾

画面内に移った被写体を選択する事で、追尾し続けます。

※実際体験しましたが、ついて来る姿が可愛く微笑ましくなります。

・スポーツモード

最大72km/h

※本当に早くてビックリ!

 

その他

・飛行時間23分⇒28分

・プロペラが画像に入り込まなくなった

・カメラのレンズ性能UP

ピジョンポジショニングの有効範囲が0~10mまで拡張

と良くなったそうです。

 

話は長くなりましたが、じゃーどれを買う?

 

Phantom4と3Proの価格差は、約60,000円

初めは、練習で色々ぶつけたりするかも知れないから、1ランク下げた3でも良いのかなって思ったり悩みましたが、安全第一に考え

結果、私はPhamtom4を購入する事にしようと思います。

 

でも、きっと1年後に、Phantom5とか出るんでしょうね。

 

あと、GoProでもドローン販売するらしいです。

日本での発売はまだ未定ですが楽しみですね。2016年末予定

KARMA 

http://jp.shop.gopro.com/APAC/karma