ドローン操縦士になるための100の質問(産業編)

これからドローン操縦士を目指すドローンジョこと(ドローン女子)HIROMIの日記です。

Q167:GS PRO

最近、ドローン操縦士は不要になるという記事を読んだりしますが、個人的にはドローンが普及されると共に、ドローン操縦士は重要な仕事の一部になってくると思います。

f:id:dronejo:20190707132641j:plain

但し、プロポでの手動操縦100%ではなく、自動航行などタブレットやPCで、自動飛行設定ができる人が更に求められる時代になると思います

操縦技術以外には、飛行ルート設定、機体の状態確認、万が一の緊急回避など、最終的には人が介入できる体制と技能は必要です。

 

ドローンを飛行させるための全般的な安全知識と飛行環境判断、法律・ルールなど

熟知したドローン操縦士が、更に求められるようになって来ると思います。

 

農薬散布現場では、今でも手動で飛行した方が早いという方もいますし、私もそう思いますが、自動飛行の機体性能レベルは年々高くなっている為、今後は自動操縦の方が楽になるでしょう。

 

そこで、今回は自動航行のソフトについて思う事を記載します。

自動航行には、メーカーや用途によって使用するソフトが違います。

 

今、私はエンルート機がメインの為、ソフトはArduPilotのミッションプランナーを使用していますが、プライベートでは、DJIのGS PROを使用します。

 

DJIの自動航行も時の流れと共に、2016年頃はライチを使用し、GroundStationの時もありましたが、2017年GSPROが販売された時は、あまりにもの簡易さに衝撃を受け、当初は、マニュアルも英語版しかなかったのですが、現在は日本語版もでているので、理解するのに時間を要する事がなくなりました。

 

■DJI GS PROマニュアル(DJI社より)

https://www.dji.com/jp/ground-station-pro

 

しかし、両社を使って思う事は、どちらもメリット・デメリットがあるなと感じる事です。

 

DJIの場合は、時によってはGS PROではなく、ライチを使用したりします。

理由は、高度差がある飛行ルート設定がGS PROは苦手。

起伏の大きい地形の場合、対地高度に合わせた飛行設定ができなく、離陸地点からの高度0m以下の飛行設定もできない。

測量などで撮影する際のラップ率を高めに設定するか、こまめに飛行場所を移動し、撮影する事で対処出来ますが、それによって、後処理の画像解析では、何枚も重ね合わせ処理をする為、作業時間を要します。

できれば一回の飛行で撮影を終わらせられれば処理は簡単なのですが・・

 

よって、平坦な場所での測量はGS PROで良いのですが、勾配差のある山岳地帯などは、DJIならライチ又はミッションプランナーを使用するなど、用途によって使い分けをすると良いと思います。

 

そうは言ってもDJI派が多いので、上級レベルになると、ミッションプランナーをライチに落とし込み、DJIで飛行しているという神業をもっている方もいるようです。

流石に私もそこまでの技術はない為、すごく気になります。

 

あと、自動航行設定をする際、地図上にWayPoint設定をするのですが、精密な飛行設定をする際は、DJIはAppleの地図を使用している為、GoogleMapよりは質が悪かったりするので、フォトマップ機能(有料)がある為、それで一部は解消できるようになっています。

 

ミッションプランナーは、GoogleMapをベースにした自動航行設定が出来るので精度は良いです。但し、GoogleMapと言っても、いつ衛星で撮影した画像かはわからない為、事前にデスクワークでルート設定をしてから、最後は現場で最終確認をします。

また、Mapツールで、機体との対地高度をPC画面で確認出来るので、気持ち的にも安心して飛行する事が可能です。

 

でも、PCだと現地へ持っていくと邪魔になるので、今後はPCでなく、早くタブレット対応にして欲しいと願うばかりです。

 

など、ドローンと言ってもメーカーによって、使用ソフトが違うので、違うメーカーの機体を操縦するには、それぞれ勉強しないといけないので大変(><)

せめて、国産だけでも同じにして欲しいよ~。 

 

他の国産メーカーには、ACSL・PRO DRONEなどありますが、ACSLは独自のソフト開発ですし、PRO DRONEはDJI仕様であったり顧客専用と、こちらも独自性が高い為、DJIから産業用に切り替える場合は、ArduPilotをベースにした機体の方が、汎用性があって良いのかも知れません。

 

スマホもそうですが、メーカーによって、違いがある事で差別化が出来ています。

iPhone派がいれば、android派がいるように、ドローンも今後様々な市場ニーズに答えられる機体が今後出てくるのでしょう。

Q166:1.2GHz帯 再免許申請

最近、ドローンの映像伝送装置で使用している1.2GHz帯の無線を

そろそろ再免許申請(期間5年)をしなければと声を聞くようになってきました。

 

2014年頃に購入された産業用ドローン空撮機には、高解像度の映像を取得する為

ドローンの映像伝送装置(FPV)に、周波数1.2GHz帯を使用する(X-Link)など

開局申請をされていたそうです。

 

現在は、殆どのホビー用ドローンの電波は、2.4GHz帯を使用している為

免許申請不要ですが、1.2GHz帯を使用されている方は、そろそろ免許の期限を確認された方が良いと思います。

 

ドローンの普及により、2016年8月には制度改定もされ

ドローン等で使用する周波数は、2.4GHz帯及び、5.7GHz帯の無人移動体画像伝送システムが制度化されたことに伴い、1.2GHz帯から移行を推奨されるようになりました。

 

(参考)1.ドローン等に用いられる無線設備について ※4参照

www.tele.soumu.go.jp

 

よって、再免許申請する方は、1.2GHz帯の再申請だけでなく

5.7GHz帯のアミモン(デジタル)等へ切り替えるタイミングなのかも知れません。

 

今思えば、法規定ができた2016年8月頃は、ドローンスクール受講後

3陸特の資格取得ブームが起こり、講習も3か月先まで予約が取れないという現象も起こったものです。

5.7GHz帯を使用するかわからないが、取り合えず資格は取得しておこうと

私もその波に乗って取得しました(笑)

 

1.2GHz帯も5.7GHz帯もそうですが

ドローン操縦で必要な無線で開局申請されている場合は、殆どの期間が5年の為

更新のタイミングはチェックが必要です。

 

期間が過ぎれば、再度開局申請をしなくてはいけないので

過ぎても猶予期間はあると思っても、この免許はないので注意しましょう。

開局申請は面倒ですからね。

 

再申請期間 免許の日から起算して5年を超えない範囲内

     「免許の有効期間満了前3カ月以上6カ月を超えない期間」

 

 再免許申請の総務省のリンク貼り付けます。ご参考に。

www.tele.soumu.go.jp

 

因みに、2年後の2021年は、5.7GHz帯の再免許申請の第一陣ブームが来るかも知れませんね。

 

 

 

 

 

 

Q165:国際ドローン展2019

今年も国際ドローン展が幕張メッセで行われましたのでご報告させて頂きます。

f:id:dronejo:20190429172350j:plain

2019年は、昨年より規模が小さくなって来ましたが、販売代理店のSkyLink、スクールでソリューション提案されているJUIVAC、ドローン開発メーカーのエンルートなど、お馴染みの企業がでておりました。

ドローンの活用内容も空撮・農業・測量分野から、インフラ点検分野へシフトし始めている事を感じる展示会となっており、ドローンも進化し続けてることを感じます。

 

主な出展会社を紹介します。

■アルプスアルパイン

日本の電子部品・音響機器・カーナビゲーションを製造販売する大手企業としても有名な会社ですが、インフラ点検でも送電線点検ニーズが高まっている中

架空地線 自動追尾点検システムのドローン展示がされていました。

f:id:dronejo:20190429172443j:plain

既に関西電力などで、実証実験などで導入開始するニュースも見ましたが

電線のたるみや風の揺れでも自動追尾し、画像も鮮明にわかる動画を拝見し、感動しました。

【ニュースリリース】ドローンによる架空地線の自動追尾点検技術の試験導入について | アルプスアルパイン

これは素晴らしい技術です。日本メーカーも頑張ってますね。

f:id:dronejo:20190429173116j:plain

 

西武建設

吹付ドローン

こちらの機体は、昨年に比べ更に進化して登場!

コンクリート構造物に補修材を吹き付け塗布できる機体です。 

f:id:dronejo:20190429173251j:plain

こちらの企業は、毎年改良を加え、機体性能も良くなっています。

ここまで、ドローン開発に一途に持続継続しながら取り組んでいる企業は、素晴らしいと思います。価格は、だいぶ高額でしたが、吹き付けドローンは様々な活用方法が出てくると思います。動画もかっこいいので添付します。

www.youtube.com

 

■エンルート

こちらは日本のドローン開発・製造・販売をしている日本のドローンメーカーです。

今年は「働くドローン」をテーマに

消防用ドローン・送電線点検ドローン・橋梁点検ドローンの導入事例紹介や

f:id:dronejo:20190429173950j:plain

DOCOMO/富士通/エンルート共同開発のドローン中継局の展示がありました。 

f:id:dronejo:20190429174617j:plain

 国産ドローンは、中々少なくフライトコントローラーも国産という事で

通信のセキュリティー管理の面等で問い合わせが増えているそうです。

 産業用ドローンのパイオニア enroute(エンルート)

 

■D-ACADEMY 関東埼玉校

こちらは、水中ドローンの紹介です。

今や空だけでなく、水中ドローンも注目です。

機体本体や有線ケーブルを持たせて頂いたのですが、軽量でコンパクトに専用バックも用意されている為、持ち運びしやすく沖縄旅行など海外旅行にも良いなと思いました。映像も動画4K/静止画12ピクセルと高画質な映像が撮影できます。気になるわ~♡

f:id:dronejo:20190429174924j:plain

 

インプレス

毎年出版されているインプレスのドローン調査報告書2019が勢揃い!

全部購入したら数十万円にもなるので、立ち読みしちゃいました。

うううう・・今後のドローン市場が気になる。

f:id:dronejo:20190429180003j:plain

 

という感じで、一部の企業を紹介させて頂きました。

来年も楽しみです。

 

 

Q164:IoTを勉強しよう!

2019年5月1日令和の時代が来ようとしている今日

ドローンもIoT時代に活用される機器として進化しようとしてます。

平成は空撮で活躍しましたが、令和はIoTでの活躍が期待される。

 

今日で、平成も終わり、明日から令和!

新時代の始まりです。

 

そこで、ドローンをインターネットのシステムの一部の機器として活用するには

IoTを理解せねばならぬという事で、ドローンに特化した講座ではなかったのですが、

実践でIoTにつなげるための仕組みを知りたく、基礎知識を学べるIoT実践講座に参加してきました。

 

一般的なIoT実践講座(1日)でしたが、6時間と短い時間にも関わらず

IoT概要とシステム構成の基礎知識、プロトタイピング(試作)の実践講座も含まれていたので、とても充実した講座でした。

 

簡単ですが、ご報告します。

 

 IoTとは何か?

Internet of Things モノのインターネット

・あらゆるモノがインターネットに接続することによって実現する世界のこと

 

という事は、ドローンで考えると・・・

 

ドローンには各種センサーが搭載できる

データ収集する為のディバイスを搭載する事で、ドローン=モノとして、ネットワークに接続する事によって

クラウド上へデータを送り、処理されたデータも受信するなど、ビックデーターを活用する事で、様々な技術を実現する世界が可能となる。

 

ドローンで取得したデーターや機体状態なども、インターネット上で解析・保管・共有・転送・管理・監視など、可視化できる仕組みが可能となる。

 

今は、殆どのドローンには、フライトコントローラーは搭載されているが

IoT通信できるコンピューターは搭載してない(IoT実証実験機は搭載してます)

 

その為には、インターネットに繋げるための、コンピューターをドローンに搭載する必要がある。

 

と色々な仕組みを考ながら、気付けば講義はドンドン進む・・・

 

実践では、IoTシステムの流れがわかる教育用キットを使用しました。

 

私たちは、①~④を組み合わせ、PCで動作確認をし、クラウドを起動させ、IoT2000プログラムの作成をNode-REDに入力し、Watson IoTの表示設定を行うと、一度では覚えきれない位の充実した内容でした。

 

今回の設定概要

・室内の温度・湿度を知る

・電球への電流を知る

・ドアの開閉を知る

上記をネットワークにつなげ、PC画面で状況を確認する

 →各センサー(温度・湿度・電流・開閉装置)をArduinoに接続

 →Arduinoプログラムに書き込み

 →Arduinoから無線でIoT2000につなげるための通信装置Zigbeeをつなげる

 →IoT2000にSIMカードをセット、起動

 →IoT2000プログラムの作成(Node-RED)

 →IoT2000を有線でWatson Iotにつなげる

 →Watson IoTで表示設定

 →インターネットを通じてPC画面で起動確認

 

用意したもの

①センサー(温度・湿度・電流センサー・スイッチ)

②ネットワーク

  マイコンArduino Uno):センサーとつなげるディバイス

  通信(Zigbee Digi XBee ZBモジュール):2.4GHz・省電力性・複数台同時接続 

f:id:dronejo:20190429144348j:plain

ゲートウェイ

  コンピューター(SIEMENS  SIMATIC IoT2000)

   :LinuxのOS入ってる・Raspberry Pi.Arduino開発プラットフォームに対応

  プログラム(Node-RED):IoT2000に接続してアプリケーションを作成する

クラウド

  IoTプラットフォーム(IBM Watson IoT):ディバイスの登録・接続・制御

  IoTから得られたデータの視覚化・保管等の機能あり

f:id:dronejo:20190429144507j:plain

 

今回は、SIEMENSのIoT2000とArduinoを使用し、IOTプラットフォーム教育用を使用しましたが、何となくイメージがついたので、非常に勉強になりました。

 

流石に終わった後は、頭を使い過ぎたせいか、疲れましたが、満足度100%でした。

 

今後、ドローンで収集したデータは、無線ネットワークで、IoTゲートウェイを経由して、クラウドのIoTプラットフォーム(クラウド)でデータを可視化する事が出来る事が理解でき

 

ドローン機体の状態や撮影データ・画像解析・保管等、スマホやPCで確認する事ができるなど、今後、5Gもスタートしますし

 

更にドローンとIoT関連は益々広がるのでしょう。

 

既に、IoTを使用したドローン取組みは、スマート農業など既に実証実験など、行われています。ますます、ドローンから目を離せない時代になりそうです。

Q163:ドローンタイムズ休止

2019年4月26日をもって、ドローンタイムズが休止になりました。

 

休止を知った時は、驚きと寂しさで何とか継続して頂ければと思ったのですが

残念でなりません。

 

f:id:dronejo:20190429160951p:plain



思えば、ドローンタイムズは、2016年8月に仮オープンし、2017年2月正式オープンしました。

私のブログは、2016年5月にスタートしたのですが、その頃は、殆どと言っていいほど、ドローン情報が少なく、自ら足を運んで情報収集に行っていた頃でした。

 

そのような中、ドローンタイムズがオープンし、ドローン市場・国交省・行政・スクール・関連企業・海外製品・サービス等、情報を提供してくれるメディアができたのは、嬉しかったです。

 

私もドローン業界で務めるにあたり、マーケティングの情報収集の一部としても活用させて頂いたり、取材に来て頂いたりと、色々とお世話になり有難うございました。

 

そして、4月にはプレスリリースで取材に来て頂き、直接ご挨拶できる事がする事が出来たのは良かったです。

 

今後、ドローンタイムズでご活躍された記者の方々は、別のドローン関連企業で引き続き、情報発信して頂けるという話もお伺いでき嬉しく、今後も引き続きよろしくお願い致します。

 

皆様のご活躍応援しております。

本当に有難うございました。

Q162:suaokiポータブル電源 with タケルくん・ムスヨ婆さん 

私の相棒がまた増えました♬

 

それは「suaokiボータブル電源 G500 」です。

 

ドローンを飛行させる場所と言えば、圃場や山林地帯など

殆ど人がいない場所ばかりで、電源・水源・空調・トイレなど

ない所ばかり(--)

 

f:id:dronejo:20190402121804p:plain

 

当初、ポータブル電源で有名なANKERを購入しようと思っていたのですが

色々調べると、ACコンセントが2口あった方が良い、容量が少しでも多い方が良いとか要望が多くなり、少し高めでしたが、suaokiを購入しました。

 

実際使用してみると、持ち運びはしやすいし、思った以上に使用時間が長く使えます。

 

出力もACコンセント(2口):50Hz・60Hz変換可能

DC出力(2口):12V/3A

シガーライターソケット:12V/120W

USB出力(2口):5~12V/3A 最大18W(QC3.0搭載)

 

定格300W、瞬間最大600Wの為、バッテリー充電も十分使用ができます。

 

詳細は、下記サイトをご覧ください。

 ■suaoki ホームページ

https://www.suaoki.com/

 

そして、衝動買いが止まらなくなり・・・

ポータブル電源でも使用できる

ご飯の炊ける「タケルくん」「むすよ婆さん」も買ってしまいました。

これがまた便利!

f:id:dronejo:20190402121913p:plain

 

f:id:dronejo:20190402122020p:plain

ご飯も炊けるし、おかず・野菜も温め、蒸す事もできるんです。

これがある事で、屋外での楽しみも増えました。

 

流石に仕事中は、ご飯を炊く余裕はないので使用する事はないと思いますが

災害時やキャンプなどでも活躍できそうので、心強いパートナーがまた増えました♪

Q161:SAITAMAドローン練習場(さいたま市)

首都圏近郊でドローンを屋外で飛行練習できる場所は中々ありませんが

私が利用させて頂いてる「SAITAMAドローン練習場」は近くて便利なので紹介させて頂きます。

 

既に利用開始から2年になり、当初は中々利用客も少なかったのですが

最近予約もコンスタントに入り始めているようで、ドローン活用の場が広がりつつあるのかなと嬉しく思います。

 

場所は、埼玉県さいたま市指扇駅から車で10分の所です

都心からは高速を利用すれば1時間ほどで行けます。

 

SAITAMAドローン練習場

saitamauav.wixsite.com

 

屋外飛行場の為、手動以外にもGPSを使用した自動航行などの練習もできます。

広さは、約1300坪(45m×95m=4275m)と中型・大型ドローンも十分飛行ができる広さを持ってます。

但し、近隣には民家がある為、ジオフェンスはしっかり設定した方が良いです。

 

設備は、テントや小さなプレハブ(空調付)で電源設備やテーブル・椅子もあるので

寒い冬や、夏の暑い日も、避難する場所があるので快適♪

練習場としては、十分な環境が整ってます。

 

トイレ・水道は、現時点ではなかったのですが、隣に「秋葉の森総合公園」が近くにあるので、そちらを利用させて頂いてます。 

さいたま公園ナビ | 公益財団法人さいたま市公園緑地協会 | 秋葉の森総合公園

公園も綺麗ですし、自動販売機もあり、家族で行った場合は、お子様を遊ばせる場所もあるので、終日楽しめます。

 

そして、こちらの魅力のもう一つは価格です。

半日使用しても、1万円、貸し切り状態です。1日でも18,000円と個人で利用するには、少し考えてしまう価格かも知れませんが、企業や数名で利用するには、コスパ良いです。

是非、皆様もチェックしてみてください♪